One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

新日本プロレス POWER STRUGGLE ①

11月6日(土)、新日本プロレス POWER STRUGGLEエディオンアリーナ大阪)を観戦してきました。

 

秋の新日本プロレス、大阪でのビッグイベントです。

な、何と全9試合行われました。

記事を幾つかに分けて紹介したいと思います。

写真ですが、今回前の人の頭が写ってしまっている写真が多いです。

あしからず。

 

第1試合 20分1本勝負

藤田晃生&大岩陵平VS

                                     DOUKI&金丸義信

f:id:SomewhereInBetween:20211107120249p:plain

ヤングライオンには試練の勝負です。

臆することなく頑張ってもらいたいです。

f:id:SomewhereInBetween:20211107120415p:plain

金丸に逆エビ固めを仕掛ける藤田。

f:id:SomewhereInBetween:20211107120519p:plain

しかし、最後は逆に藤田が金丸に逆エビ固めを決められギブアップ。

4分33秒、金丸&DOUKI組の勝利。

 

 

第2試合 20分1本勝負

タイガーマスク本間朋晃真壁刀義VS

                  邪道&外道&タンガ・ロア

f:id:SomewhereInBetween:20211107120917p:plain

この6人の中で唯一今年のG1にエントリーされていたタンガ・ロア

ほかのレスラーと風格がまったく違うと感じました。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121032p:plain

本間の試合を生で観るの、本当に久しぶりです。

ナイスファイト期待します。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121119p:plain

外道は完全にマネージャーに転身したかと思っておりましたが、まだ現役だったんですね。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121208p:plain

ロアをコーナーへ追いつめて攻撃を加える真壁。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121245p:plain

さらに本間と合体攻撃。

サンドイッチラリアットが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121414p:plain

・・・ただ、やはりこの中では一際強さが際立っていたロア。

本間にエイプショットを決め、カウント3。

f:id:SomewhereInBetween:20211107121545p:plain

5分07秒、タンガ・ロア組の勝利です。

 

 

第3試合 20分1本勝負

マスター・ワト&田口隆祐永田裕志VS

                  BUSHI&高橋ヒロム&SANADA

f:id:SomewhereInBetween:20211107122658p:plain

次期シリーズ「BEST OF SUPER Jr」をにらんでか、ヒロムを挑発する田口。

f:id:SomewhereInBetween:20211107122811p:plain

その挑発に応じ、ヒロムが先発を買って出ます。

f:id:SomewhereInBetween:20211107122924p:plain

田口のエルボー。

f:id:SomewhereInBetween:20211107122955p:plain

ヒロムもモンゴリアンチョップで応戦。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123032p:plain

コーナーに追いつめたワトにBUSHIのエルボー。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123115p:plain

永田の攻撃に思わずのけぞるSANADA。

永田裕志、まだまだ元気です。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123250p:plain

ブレーンバスターを狙うSANADA。

こらえる永田。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123331p:plain

最後はSANADAが田口をオコーナーブリッジで仕留めカウント3。

7分05秒、ロス・インゴ組の勝利です。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123628p:plain

負けて怒りの収まらない田口。

f:id:SomewhereInBetween:20211107123713p:plain

それを軽くあしらうヒロム。

次期シリーズの対戦、楽しみですね。

 

 

第4試合 60分1本勝負

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

(第21代チャンピオンチーム)

YOSHI-HASHI&石井智宏後藤洋央紀 VS

            (チャレンジャーチーム)

            SHO&高橋裕二郎&”キング・オブ・ダークネス”EVIL

f:id:SomewhereInBetween:20211107124826p:plain

かつての仲間を完全に敵に回したSHO。

当然チャンピオンチームはターゲットにしてくると思います。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125019p:plain

ベルトを腰に巻き、チャンピオンチーム登場。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125048p:plain

チャンピオンチームは、まずチャレンジャーチームのセコンドのおじゃま虫、ディック東郷を排除する作戦に。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125206p:plain

太鼓の乱れ打ち。

場内、拍手喝采

f:id:SomewhereInBetween:20211107125254p:plain

しかし、反則技はお手のもののHOUSE OF TORTURE(以下、ハウス・オブ・父ちゃん)。

裕二郎の噛みつき攻撃。

 

f:id:SomewhereInBetween:20211107125442p:plain

SHOに対し、後藤のチョップが炸裂。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125636p:plain

前哨戦でお互い罵り合っていたSHOと石井のにらみあい。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125725p:plain

石井の逆水平チョップがSHOの喉元に炸裂。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125819p:plain

SHOも黙ってやられるワケにはいかない。

f:id:SomewhereInBetween:20211107125854p:plain

EVIL(以下、渡辺さん)をコーナーに追いつめてYOSHI-HASHIのラリアット

f:id:SomewhereInBetween:20211107125949p:plain

渡辺さんも反撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130058p:plain

必殺技”EVIL”を仕掛ける渡辺さん。

しかし、こらえるYOSHI-HASHI。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130145p:plain

・・・こうなると東郷が介入してくる展開に。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130222p:plain

リング上に6人が入り交じる混戦に。

YOSHI-HASHIが渡辺さんを押さえこみますが、レフェリー不在でカウント取る人がいない。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130439p:plain

東郷は石井にも攻撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130511p:plain

大暴走のハウス・オブ・父ちゃん。

SHOがYOSHI-HASHIにスパナで殴打。

そしてEVILが決まり終焉。

13分46秒、片エビ固めでハウス・オブ・父ちゃんの勝利。

新チャンピオンチームに。

CHAOSの3人は10度目の防衛に失敗。

f:id:SomewhereInBetween:20211107130859p:plain

後藤を捕まえて目の前でCHAOSのタオルにハサミを入れるSHO。

屈辱的行為です。

f:id:SomewhereInBetween:20211107131012p:plain

さらにスパナを手にしたSHO。

おいおい、そこまでやるか?

f:id:SomewhereInBetween:20211107131055p:plain

そこに突如、白いコスチュームも男がCHAOSチームを救出に登場。

f:id:SomewhereInBetween:20211107131151p:plain

かつて、SHOとタッグパートナーを組んでいたYOHです!

絶妙なタイミングで登場。

・・・と、言いますか、あなた今までどこにいたの?

f:id:SomewhereInBetween:20211107131300p:plain

YOHの予想外の登場で引き下がるハウス・オブ・父ちゃん。

しかし、試合の裁定はハウス・オブ・父ちゃんの勝利。

ベルトを掲げる悪の軍団。

f:id:SomewhereInBetween:20211107131418p:plain

YOHの復活で目が離せなくなったCHAOSとハウス・オブ・父ちゃんとの因縁対決。

 

 

前半4試合を紹介いたしました。

 

第1試合、鈴木軍には汗もかかない試合になってしまいましたが、ヤングライオンにはすべてが経験。

それが徐々に生かされていけば、相手も少し認めてくれるようになると思います。

 

第2試合、タンガ・ロアはやはり何か持っている、磨けばさらに輝きを増すレスラーになると思います。

邪道&外道はオマケみたいな存在だったので、実質、1対3のハンディキャップマッチのように思えてしまいました。

 

第3試合、G1の後はJrということで、ワトにBUSHI、田口、ヒロムの対決が熱かったです。

永田も頑張ってました。

SANADAは本来なら、もっと後半の試合に出るべき選手なのですが・・・。

 

第4試合、プロレスは反則があるから面白いと言えるスポーツなのですが、ここまでえげつないと考えものです。

ヒール(悪役)レスラーは反則の仕方も上手いものなのですが、渡辺さんにそれが無いのが致命的。

・・・でも、タイトルを穫ったことは良かったのではないでしょうか?

賞賛や祝福の言葉を述べる気はありませんが、チャンピオンチームになったので、もう少し違うヒールのスタイルを学んでもらいたいです。

 

続く。