One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

新日本プロレス POWER STRUGGLE ③

第8試合(セミファイナル) 60分1本勝負

東京ドーム・IWGP世界ヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

(権利証保持者/G1 CLIMAX 31優勝者)

 オカダ・カズチカVS

          (チャレンジャー)

            タマ・トンガ

f:id:SomewhereInBetween:20211109114411p:plain

チャレンジャー、タマ・トンガ入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211109114502p:plain

G1 CLIMAX 31公式戦で唯一、オカダに勝利しているタマ。

オカダに勝利した実力を発揮し、権利証を奪えるか?

f:id:SomewhereInBetween:20211109114714p:plain

続いてG1 CLIMAX 31優勝者、オカダ・カズチカ入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211109114803p:plain

G1を制し、今一番勢いに乗っている男です。

f:id:SomewhereInBetween:20211109114911p:plain

オカダは権利証の代わりに4代目IWGPヘビー級ベルトを手にしております。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115056p:plain

試合開始。

タマが奇襲をかけます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115136p:plain

オカダも反撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115400p:plain

両腕をクロスして締め上げるオカダ。

しかし、タマは余裕の(?)笑み。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115512p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109115605p:plain

ここまではお互い、手の内の探り合いと言った感じです。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115634p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109115707p:plain

オカダの背後に回り、スリーパーホールドを決めるタマ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115819p:plain

オカダもマネークリップを繰り出します。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115910p:plain

オカダをコーナーに追いつめ、ボディプレス。

f:id:SomewhereInBetween:20211109115947p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109120002p:plain

一進一退の攻防。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120042p:plain

オカダがボディスラムを決めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120111p:plain

さらにコーナー最上段からダイビングエルボードロップを決めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120217p:plain

レインメーカーのポーズ。

オカダ、勝負に出るか?

f:id:SomewhereInBetween:20211109120253p:plain

しかし、レインメーカーは空を切ります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120359p:plain

反撃に出るタマ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120431p:plain

ブラディサンデーを決めますが、カウントは2。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120626p:plain

タマの猛攻に目がうつろのオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120714p:plain

ツームストンパイルドライバーを狙うオカダ。

こらえるタマ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120807p:plain

エルボースマッシュを決めるオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120857p:plain

しかし、タマの掟破りのツームストンパイルドライバーが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109120938p:plain

吠えるタマ。

勝負に出るか?

f:id:SomewhereInBetween:20211109121014p:plain

DSDを狙うタマ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121136p:plain

これをリバースで返すオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121206p:plain

ドロップキックが炸裂。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121233p:plain

タマを持ち上げるオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121347p:plain

ここまでオカダの攻撃を喰らっても立ち上がり反撃してくるタマ。

凄いです。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121524p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109121538p:plain

オカダ、天下の宝刀、レインメーカーが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121718p:plain

これで勝負あり。

25分13秒、オカダ・カズチカの勝利。

f:id:SomewhereInBetween:20211109121841p:plain

敗れたとは言え、すばらしいファイトを披露したタマ・トンガ

f:id:SomewhereInBetween:20211109122059p:plain

観客の拍手に手を挙げて応えるオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109122306p:plain

ベルトを高々と掲げるオカダ。

見事、権利証を守りました。

次のメインイベントの勝者と1.4東京ドームで闘うことが決まりました。

 

 

第9試合(メインイベント) 60分1本勝負

IWGP世界ヘビー級選手権試合

(第3代チャンピオン)

 鷹木信悟VS

      (チャレンジャー)

       ザック・セイバーJr

f:id:SomewhereInBetween:20211109123056p:plain

チャレンジャー、ザック・セイバーJr入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123149p:plain

G1 CLIMAX 31公式戦で鷹木に勝利しているザック。

得意のサブミッションが炸裂するか?

f:id:SomewhereInBetween:20211109123354p:plain

続いてチャンピオン、”ザ・ドラゴン”鷹木信悟入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123434p:plain

チャンピオンとして、同じ相手に2度負けるワケにはいきません。

気合いが入った表情。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123539p:plain

タッグチャンピオンベルトを高々と掲げるザック。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123634p:plain

試合開始。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123706p:plain

序盤は手の内の探り合い。

静かな攻防。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123747p:plain

・・・な、何かカメラ目線で私を指さす鷹木。

「しっかり撮れよ」という喝を入れられたようです。

f:id:SomewhereInBetween:20211109123914p:plain

もちろん、鷹木信悟の熱いファイト、しっかり撮影させていただきます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124029p:plain

ザック得意のグラウンドでの関節技が決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124202p:plain

鷹木も懸命に堪えます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124243p:plain

ロープブレイク。

場外に出てポーズを決めるザック。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124336p:plain

鷹木の後頭部にザックの低空ドロップキックが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124417p:plain

さらに両腕をクロスさせる関節技。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124540p:plain

鷹木も反撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124603p:plain

対角線のコーナーへ振ってエルボーをお見舞い。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124645p:plain

ザックも負けておりません。

鷹木の腕を取り、締め上げます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124736p:plain

鷹木のパワーボムが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124808p:plain

鷹木のザックのお株を奪う関節技。

STFのような技です。

f:id:SomewhereInBetween:20211109124923p:plain

かなりエグい角度で決まっておりますが、何とかロープにエスケープ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125020p:plain

鷹木の背後を取り、スリーパーホールド。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125112p:plain

鷹木も負けじとグラウンドでのスリーパーホールド。

鷹木はザックから3カウントより関節技によるギブアップを奪いたいように見えました。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125225p:plain

打撃戦では鷹木に分があります。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125309p:plain

ファイヤーマンズキャリーでザックを担ぎ、コーナー最上段に。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125436p:plain

そのままザックを叩き落としますが、ザックも体を上手く反転。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125545p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109125557p:plain

ザックのサッカーボールキック

f:id:SomewhereInBetween:20211109125642p:plain

さらにスリーパーホールド。

f:id:SomewhereInBetween:20211109125753p:plain

しかし、この体勢で鷹木がコーナーポストに登り・・・

f:id:SomewhereInBetween:20211109125842p:plain

雪崩式の裏熨斗紙。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130020p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109130046p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109130105p:plain

両者の意地とプライドの激突。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130141p:plain

ザックのドラゴンスリーパー

f:id:SomewhereInBetween:20211109130224p:plain

しかし、これでも決まらない。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130328p:plain

鷹木のパンピングボンバー。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130427p:plain

「これで決まった」と思いましたが、カウントは2。

試合時間は30分を経過。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130534p:plain

鷹木の”ラスト・オブ・ザ・ドラゴン”。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130622p:plain

さすがにこれで勝負あり。

30分27秒、鷹木信悟の勝利。

f:id:SomewhereInBetween:20211109130736p:plain

すかさず放送席でゲスト解説をしていたタイチがザックの元へ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131317p:plain

鷹木信悟、3度目の防衛に成功。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131412p:plain

タイチの肩を借りてザックが退場。

本当に頑張りましたが、あと、本当に後一歩足りませんでした。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131614p:plain

そして、ザックと入れ替わるように権利証のベルトを手にオカダ・カズチカがリングに。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131709p:plain

G1 CLIMAX 31優勝者として、鷹木を罵るオカダ。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131848p:plain

逆に軽くあしらう鷹木。

f:id:SomewhereInBetween:20211109131929p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109132013p:plain

両者、にらみ合い。

これで、来年、1.4東京ドーム、メインイベントの対戦が決定いたしました。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132108p:plain

最後にレインメーカーのポーズを決めるオカダ・カズチカ

f:id:SomewhereInBetween:20211109132150p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211109132212p:plain

引き上げるオカダの方へ何やら声を掛ける鷹木。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132419p:plain

一度リングから降りた後、ふたたびリングに上がった鷹木。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132505p:plain

ふたたびマイクを取り、チャレンジャーのザックを「最強のチャレンジャー」と賞し、

「そのザックを倒したオレは新日本プロレス最強だ!」と雄叫びをあげます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132634p:plain

「これからも、龍の如く駆け登ってていくぞ!」と決め台詞で締めてくれました。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132736p:plain

勝者を祝福する金色の紙テープがリング上に降り注ぎます。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132903p:plain

また、IWGPに新たな名勝負が刻まれました。

f:id:SomewhereInBetween:20211109132945p:plain

1.4東京ドームの対決、楽しみにしております。

頑張れ、鷹木信悟

 

 

後半の2試合を紹介いたしました。

 

セミファイナル、今のオカダ・カズチカは間違いなく6月の大阪城ホールで敗れたオカダ・カズチカとは別人と思わせる強さがあったと思いました。

しかし、タマ・トンガも凄かった。

私の席の後ろの若い女性も小声で「タマちゃん、強い」と驚きながら囁いておりました。

後半は観客もタマを後押しするような拍手も多かったです。

スポーツにたら・ればは厳禁といつも書いているのですが、もし6月までのオカダ・カズチカだったら勝てなかった(現にG1公式戦で勝利しておりますし)かもしれません。

 

メインイベント、G1にせよ、シングルではもう後一歩が足りず敗退しているザック。

チャンピオン・鷹木が認めた通り最強のレスラーであるのは間違い無いのですが、本当に後一歩のところで頂点に立てないジレンマに苦しめられているように感じます。

とりあえずタッグは最強の証を持っているので、次期シリーズのタッグリーグ戦優勝し、ふたたびシングル戦線に名乗りをあげてもらいたいです。

10月に同じエディオンアリーナ大阪で好勝負したKENTAとUSヘビー級をかけて闘うのも面白いかもしれません。

鷹木はこの日は腕が折れてもギブアップしないような覚悟を持って試合に臨んでいった感じがいたしました。

 

飯伏幸太内藤哲也、タイチ欠場にも関われず、チケットソールドアウトの本大会。

たくさんのドラマを観ることができました。

これぞ新日本プロレスの底力。

全力で闘ったレスラーたちの感謝です。

 

1.4東京ドーム、今から楽しみです。

現時点での予想は難しいですが、今の勢いならオカダのような気がいたします。

こちらもすばらしいファイト、期待したいです。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。