One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

『スプリット』

『スプリット』

原題:Split

 

2017年製作/アメリカ映画/上映時間:117分/G/2017年5月12日日本公開

 

監督:M・ナイト・シャマラン

出演:ジェームズ・マカヴォイ

   アニヤ・テイラー=ジョイ

   ベティ・バックリー ほか

 

シックス・センス』などのM・ナイト・シャマランが監督、製作、脚本をこなして放つスリラーです。

女子高校生たちを連れ去った男が、23もの人格を持つ解離性同一性障害者だったという衝撃的なストーリーが描かれます。

 

あらすじ

 

高校生のケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシアジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし……。

シネマトゥデイより)

 

シックス・センス』のM・ナイト・シャマランが、ジェームズ・マカヴォイを主演に迎えてメガホンを取ったサイコスリラーです。

パラノーマル・アクティビティ』、『インシディアス』など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作を務めております。

 

dTVにて鑑賞。

初めての鑑賞になります。

 

アニヤ・テイラー=ジョイお目当てで本作を選びました。

シャマランは・・・ハッキリ言って苦手。

 

見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められた女子高校生3人組は、監禁場所で神経質な雰囲気を漂わせた男を目にする。男が部屋から立ち去り、必死に脱出方法を思案している最中、ドアの外から男と女が会話する声を耳にした3人は助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。

 

男には23もの人格があり、9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく。そして、そんな男に24番目の人格が現れ・・・。

シックス・センス』は本当に衝撃的な作品でした。

ありきたりの心霊ホラーの枠を超えたこの作品はアカデミー賞作品賞候補になりました。

もの凄い逸材が現れた!

そのとき思いました。

続いて鑑賞した『アンブレイカブル』。

・・・目が点になってしまいました。

私の後ろの座席のお兄ちゃんが上映後「つまんねぇ~なぁ、ふざけんなよ!」と怒鳴っておりました。

 

この作品は『アンブレイカブル』の続編で、ラストにブルース・ウィリスが登場いたします。

実を言いますと、それは知っていての鑑賞で、本作の続編『ミスター・ガラス』はブルース・ウィリスの映画を紹介したいと思っていたとき候補の作品でした。

ただ、そのときは本作は未見だったので、別の作品を選択してしまいました。

『ミスター・ガラス』は・・・、もう毒食わば皿までで観ることにいたします。

 

前作にあたる『ヴィジット』辺りから”シャマラン完全復活”という言葉が踊り出します。(この映画観るのが怖くて。ホラーが苦手という意味では無く)

2002年『サイン』。・・・野球の「打て」のサインだったのね。

2004年『ヴィレッジ』・・・あ、頭が痛い。

2006年『レディ・イン・ザ・ウォーター』・・・幸いに未見。

2008年『ハプニング』・・・もう、シャマランとは別れようと決意

 

したのですが、2013年の『アフター・アース』を魔が差してAmazonプライムビデオにて鑑賞してしまいました。(こんな息子を売り出す酷い映画を作る方が暴力ですよ、ウィル・スミスさん)

この間の2010年の『エアベンダー』はネコのミュージカルと並び21世紀ワーストの呼び声が高いですね。

 

多重人格者(解離性同一性障害者)の異常者という設定、面白くなりそうなのに、ならない。

女性の人格が登場したとき、ヒッチコックの『サイコ』だったらぞっとするほど怖かったのですが、本作は坊主頭のジェームズ・マカヴォイなので、女装が似合わず思わず吹き出してしまいました。

 

シネマトゥデイの短評も賛否両論。

肯定派のレビューに「『キャリー』へのオマージュ」なることを書かれていた人がおりましたが、キングが怒ってしまいますよ、こんな酷いシナリオと一緒にされたら。

 

一服の清涼剤とも言える、アニヤ・テイラー=ジョイの美しさ。

これだけが本作唯一良かったと言えるところかもしれません。

『ウィッチ』も良かったですが、本作も良かったです。

彼女の作品は今月~来月にかけて2~3本鑑賞予定なので、そちらも楽しみです。

 

ただ、アニヤ演じるケイシーの少女時代がフラッシュバックのように映し出されているのですが、当然何かの伏線だと思っていたら、全然違いました。

さすが思わせぶりだけは超一流のシャマランと言わざるを得ません。

 

最後に目覚めてはいけない24番目の人格が登場。

・・・な、なんすか、超人ハルクスパイダーマン

マカヴォイはX-MENじゃ無かったっけ?

マーベルにケンカ売っているの?

 

数日間、陽の当たらない部屋に監禁されていたにも関わらず最後まで美貌を貫いたアニヤ・テイラー=ジョイにあっぱれです。

次回、『ミスター・ガラス』でお会いしましょう。