One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』

『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』

原題:True History of the Kelly Gang

 

2019年製作/オーストラリア・イギリス・フランス合作映画/上映時間:125分/PG12/2021年6月18日日本公開

 

監督:ジャスティン・カービル

出演:ジョージ・マッケイ

   エシー・デイヴィス

   ニコラス・ホルト ほか

 

19世紀のオーストラリアに実在した伝説的反逆者、ネッド・ケリーの実像に迫るピーター・ケアリーブッカー賞受賞小説を映画化した作品です。

主人公を『1917 命をかけた伝令』などのジョージ・マッケイが演じ、『トールキン 旅のはじまり』などのニコラス・ホルト、オスカー俳優ラッセル・クロウのほか、チャーリー・ハナム、エシー・デイヴィス、ショーン・キーナンらが共演。

 

あらすじ

 

19世紀のオーストラリア。ネッド・ケリーはアイルランド移民の家庭に生まれるが、幼くして父を亡くし、貧しい生活のため母エレン(エシー・デイヴィス)はケリーを山賊のハリー・パワー(ラッセル・クロウ)に売る。やがて成長したネッド(ジョージ・マッケイ)は家族の元に帰るが、横暴な警察などが言い掛かりをつけて挑発し、彼や家族を投獄しようとする。家族や仲間への理不尽な仕打ち、権力者の横暴な振る舞いを目の当たりにしたネッドは、弟や仲間たちと共に「ケリー・ギャング」を結成し、国中にその名を知られる反逆者となっていく。

シネマトゥデイより)

 

アサシン クリード』のジャスティン・カーゼルが、19世紀のオーストラリアで権力と差別に立ち向った伝説の反逆者、ネッド・ケリーを演じたドラマです。

現状を打破しようともがく若者が、権力と差別に立ち向かっていく姿が描かれます。

 

Amazonプライムビデオにて鑑賞。

初めての鑑賞になります。

 

本日、12月7日は羽生結弦さん、香川照之さんという長嶋茂雄さん風に言いますと「渦の中の渦中の人」や、どうでもいい私の母の誕生日ですが、ニコラス・ホルト、34歳のお誕生日でもあります。

お祝いの気持ちを込めまして、今回出演作品(主演ではありません)を選びました。

 

19世紀、オーストラリア。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリー。頼りにならない父の代わりに、幼い頃から、母と6人の姉弟妹を支えてきましたが、父の死後、生活のため母はネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばされます。

 

ネッドはハリーの共犯として10代にして逮捕・投獄されてしまいます。出所したネッドは、娼館で暮らすメアリーと恋に落ち、家族の元に帰るが幸せも長くは続きません。

 

横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようします。権力者の貧しい者への横暴、家族や仲間への理不尽な扱い。

 

自らの正義、家族と仲間への愛から、ネッドは弟らや仲間たちと共に“ケリー・ギャング”として立ち上がり、国中にその名を轟かすおたずね者となっていきます・・・。

 

ニコラス・ホルト Nicholas Hoult

 

1989年12月7日、イングランドバークシャー・ウォーキンガム生まれ。

 

6歳で俳優デビュー。

2002年のヒュー・グラント主演の『アバウト・ボーイ』で一躍有名になります。

2009年のトム・フォード監督デビュー作『シングルマン』に抜擢され、子役のころから成長した美貌が話題になります。

 

2015年の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で武装戦闘集団「ウォーボーイズ」のひとり、ニュークスを演じ、世界的に高評価を得ます。

その後も順調なキャリアを築き、『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』(2017)、『女王陛下のお気に入り』(2018)、『ザ・メニュー』(2022)などの話題作に出演。

2025年公開予定の『スーパーマン:レガシー(原題)』で宿敵・レックス・ルーサーを演じることが決まっております。

 

プライベートでは、2010年ころに『X-MEN』シリーズで共演したアメリカの女優、ジェニファー・ローレンスと交際しますが、2013年1月に破局

同年7月に再度交際をスタートしますが、2014年8月に再度破局

2018年4月、モデルの恋人、ブライアーナ・ホリー(写真右の女性ですね)との間に第1子が誕生したことが明らかになりました。(Wikipediaではご結婚したとは記載して無いですね)

 

初めて観た作品が『Fury Road』だったので、かなり濃いめのメイクだったので分かりませんでしたが、『トールキン 旅のはじまり』(2019)の超イケメンぶりに驚いた記憶があります。

好きな作品は『Fury Road』以外ですと、『女王陛下のお気に入り』と『ザ・メニュー』です。

 

HappyBirthday!

Wikipediaを参考にさせていただきました)

 

個人的な意見ですが、映画は「毒にも薬にもならない」ものが一番ダメで、毒がある作品がかなり好みです。

本作はまさに劇薬です。

 

冒頭のテロップが面白かったです。

「本作品は全て真実ではありません」と表記され、その真実の部分”True”がそのままタイトルの”True History of the Kelly Gang”に使われていきます。

 

これは監督のかなり皮肉まじりのジョークのようで、映画に映し出される登場人物たちは、かなりリアリティのある、「人間の汚らしい姿」が現れていたと思いました。

 

純粋に両親を心から愛していたネッド。

その穢れなき気持ちを裏切るかのように、両親は彼に愛を注いではくれませんでした。

 

日本人は比較的おとなしい人種でデモもストライキもあまり行いません。

なので、ネッドの考えや行動に理解するのは難しいかもしれません。

貧困層アイルランド系への迫害への対抗手段として、「目には目を」的な反逆者のリーダーとしてのオーストラリアのロビン・フッドのような人物のように映りました。

 

その昔、ロビン・フッドを演じたことのあるラッセル・クロウ

出演シーン少なめでしたが、近年では一番いい演技を披露していたと思いました。

『ソー:ラブ&サンダー』はブラックホール級の黒歴史でしたが、本作は珍しく「もっと観ていたい」と思わせてくれました。

上手い・・・かは分かりませんが、歌も披露。

 

「山賊王にオレはなる!」というセリフはありませんが(あったら集英社に訴えられる可能性が・・・)、そう言わんばかりに弟や仲間たちを引き連れ、間違った世界を変えるべく、ネッドの反逆のストーリーは綴られていきます。

 

狂気に満ちた世界をヴァイオレンスとエロスを交え、観る人をあまりいい気分にさせない映画ではございますが、先ほど書いたように、ネッドは心はピュアで本当にロクでも無い母親でしたが、その母親の愛に死ぬほど飢えていたかのように感じました。

 

彼は最期まで自分の欲や希望を口にすることはありませんでした。

母親や弟、仲間たちを救いたい。

その気持ちを貫き通しました。

 

「全て真実で無い」ストーリーの最期のネッドのセリフ、「人生なんで、所詮こんなもの」という一言がまさにトゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャングを表していたかのようでした。

グロいシーン多めなので、苦手な方にはオススメいたしません。

 

エンドクレジットで壁に書かれた落書きに出演者の名前は刻まれていた描写は、名作『ウエスト・サイド物語』を思い出してしまいました。