One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

新日本プロレス POWER STRUGGLE ②

第5試合 3分2ピリオド 30秒インターバル

『KOPW 2021』争奪戦 アマチュアレスリングマッチ

(KOPW 2021保持者)矢野通VS(チャレンジャー)グレート-O-カーン

 

この試合は保持者・矢野通の提案でアマチュアレスリングスタイルで行われます。

試合前、永田裕志からルールの説明が行われました。

・・・ですが、1回聞いただけだとすぐに理解するのは難しかった。

f:id:SomewhereInBetween:20211108131907p:plain

両選手アマレスのコスチュームで試合開始。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132015p:plain

大技が決まれば高いポイントになります。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132116p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211108132128p:plain

第1ピリオド終了。

この時点で矢野1ポイント、O-カーン4ポイント。

O-カーンがリード。

セコンドにアーロン・ヘナーレの姿が。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132454p:plain

第2ピリオド開始。

矢野としては大技を決め、逆転したいところ。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132546p:plain

場内、息を呑むような静けさがありました。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132640p:plain

矢野のフロントスープレックスが決まります。

これでポイントで逆転。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132754p:plain

第2ピリオドが終了。

ポイント6-5で矢野の勝利。

『KOPW 2021』防衛に成功です。

f:id:SomewhereInBetween:20211108132945p:plain

しかし、怒りの収まらないO-カーンとヘナーレ。

矢野をコーナーに追いつめヘナーレのキック。

f:id:SomewhereInBetween:20211108133141p:plain

さらにアイアンクロー。

f:id:SomewhereInBetween:20211108133210p:plain

本当に往生際が悪いO-カーン。

このご時世で無ければ場内大ブーイングです。

 

 

第6試合 60分1本勝負

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

(第90代チャンピオン)ロビー・イーグルスVS(チャレンジャー)エル・デスペラード

f:id:SomewhereInBetween:20211108133942p:plain

先にチャレンジャー、エル・デスペラード入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134022p:plain

続いてチャンピオン、イーグルス入場。

2度目の防衛戦になります。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134145p:plain

試合開始。

デスペラードの腕を取るイーグルス

f:id:SomewhereInBetween:20211108134311p:plain

場外のイーグルスにトペ・コンヒーロを見舞うデスペラード

f:id:SomewhereInBetween:20211108134405p:plain

場内に戻りブレーンバスター。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134435p:plain

ここまではデスペラードのペース。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134512p:plain

デスペラードのフェースロック。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134648p:plain

ふたたび場外戦に。

イーグルスデスペラードにトペ・コンヒーロのお返し。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134737p:plain

コーナーに追いつめてニーアタック。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134850p:plain

吠えるチャンピオン。

f:id:SomewhereInBetween:20211108134931p:plain

逆襲のデスペラード

マフラーホールドを決めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135101p:plain

ピンチェ・ロコの体勢に。

しかし、これは決まらず。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135211p:plain

こちらも吠えるチャレンジャー。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135245p:plain

しかし、カウンターのエルボーが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135321p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211108135335p:plain

両者エルボーの打ち合い。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135406p:plain

デスペラードの脚を攻めるイーグルス

変形の四の字固めでしょうか?

f:id:SomewhereInBetween:20211108135549p:plain

さらにトランスキック。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135654p:plain

チャンピオンのペースと思われましたが、デスペラードも意地の反撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211108135812p:plain

今度こそ勝負に出るか?

f:id:SomewhereInBetween:20211108135851p:plain

ヌメロ・ドスの体勢に。

f:id:SomewhereInBetween:20211108140015p:plain

かなりエグい体勢になっております。

さすがにイーグルスもギブアップ。

f:id:SomewhereInBetween:20211108140058p:plain

18分20秒、デスペラードの勝利。

新チャンピオンの誕生です。

 

 

第7試合 60分1本勝負

IWGP USヘビー級選手権試合

(第10代チャンピオン)棚橋弘至VS(チャレンジャー)KENTA

f:id:SomewhereInBetween:20211108140949p:plain

チャレンジャー、KENTAが先に入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141019p:plain

続いてチャンピオン、棚橋入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141050p:plain

いつ観ても華があります。

ベルトも似合ってますね。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141129p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211108141145p:plain

試合開始。

観客を盛り上げ、拍手を促す棚橋。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141230p:plain

この棚橋を後押しする場内の雰囲気に嫌気が刺したのか?

一度、場外に出て時間を取るKENTA。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141408p:plain

両者組み合います。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141439p:plain

ヘッドロックを決める棚橋。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141510p:plain

場外乱闘でも棚橋が一枚上手。

表情にも余裕が感じられます。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141609p:plain

すると本部席からベルトを強奪して花道に戻るKENTA。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141650p:plain

追ってきた棚橋にボディスラムを仕掛け、ベルトを手にリングに戻ってきたKENTA。

f:id:SomewhereInBetween:20211108141858p:plain

KENTAのスリーパーホールド。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142003p:plain

棚橋のサンセットフリップ。

両者の技が決まりだします。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142103p:plain

エプロンで棚橋のドラゴンスクリューが決まります。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142142p:plain

場外乱闘に。

KENTAがリング下からテーブルを取り出し棚橋をその上に寝かせ、コーナーに上がり攻撃を仕掛けようとします。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142353p:plain

しかし、息を吹き返した棚橋が逆襲。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142432p:plain

逆にKENTAをテーブルの上に寝かせ、コーナー最上段から捨て身のハイフライフロー・オン・ザ・テーブル。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142547p:plain

テーブル、見事なまでに真っ二つです。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142625p:plain

リングに戻ってきたKENTA。

背中が痛々しい・・・。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142712p:plain

勝負に出た棚橋。

コーナー最上段からハイフライアタック。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142822p:plain

倒れたKENTAにとどめのハイフライフロー。

しかし、これは膝という剣山が待っていた。

f:id:SomewhereInBetween:20211108142913p:plain

棚橋のテキサスクローバーホールドを耐えるKENTA。

逆に金具むき出しのコーナーへ叩きつけます。

f:id:SomewhereInBetween:20211108143100p:plain

今度はKENTAが勝負に出ます。

f:id:SomewhereInBetween:20211108143131p:plain

棚橋を担ぎ上げ、go 2 sleepの体勢に。

これが決まり勝負あり。

f:id:SomewhereInBetween:20211108143347p:plain

23分44秒、KENTAの勝利。

新チャンピオンになります。

 

 

中盤3試合を紹介いたしました。

 

第5試合、矢野がアマレスの猛者というのは意外でした。

その矢野の提案したスタイルでの試合を承諾した段階でO-カーンの敗北は決まっていたのかもしれません。

・・・ただ、この2人はプロレスラーとして面白い引き出しをいっぱい持っていると思うので、また違うスタイルで闘ってもらいたいと思いました。

 

第6試合、動画でアップしたイーグルスの涙のインタビューが印象に残りました。

チャンピオンになることの難しさ。

チャンピオンの座を守り抜く厳しさ。

それがイーグルスの一言に表れていたと思います。

デスペラードが初めてこのベルトを手にした大阪城ホールの試合も生で観戦しております。

それから様々な選手の元へベルトは移動し、またデスペラードの元へ戻ってきました。

新日本プロレスジュニアヘビー級戦線は熾烈を極めております。

次にこのベルトをめぐってどんなドラマが待っているのか?

とても楽しみです。

 

第7試合。

10月のG1、同じエディオンアリーナ大阪でザック・セイバーJrを破ったKENTA。

そして、この試合で棚橋に勝利し、IWGP USヘビー級を手にいたしました。

自分の中で、KENTAの株は大爆上がりです。

新日本プロレス命の自分としては、全日本プロレス出身のレスラーを評価したくは無いのですが、本当にKENTAには底力があり、間違いなくホンモノの強さを持ったレスラーだと思います。

ホンモノの強さを持ったKENTAだからこそ、強いレスラーがいる新日本プロレスのリングを戦場に選んだと思いたいですね。

これからのUSヘビー級の行方も気になるところです。

 

続く。