One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

新日本プロレス G1 CLIMAX 31 ⑥

第4試合 30分1本勝負

G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦

矢野通(3勝3敗=6点)VS高橋裕二郎(2勝4敗=4点)

f:id:SomewhereInBetween:20211011112626p:plain

裕二郎の試合のときは、どうしてもお供のダンサーのピーターさんの方に目が行ってしまいます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011112725p:plain

矢野通入場。

この日も数多くの肩書きを・・・

f:id:SomewhereInBetween:20211011112810p:plain

肩書きをリングアナに読ませる前に裕二郎が矢野に攻撃。

テーピングで体をグルグル巻きに。

f:id:SomewhereInBetween:20211011112911p:plain

ピーターさんもお喜び。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113005p:plain

さらにコーナーのポストを外そうとする裕二郎。

しかし、時間が掛かりすぎ、レフェリーに注意。

結局すべてのポストの手を掛け・・・

f:id:SomewhereInBetween:20211011113157p:plain

金具むき出しのコーナーへ矢野を叩きつけます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113230p:plain

場外乱闘での裕二郎の凶器攻撃。

レフェリーの目をそらすためのピーターさんのステキ(?)なダンスタイム。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113332p:plain

逆襲の矢野。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113421p:plain

矢野のフロントスープレックス

裕二郎のフィッシャーマンズバスターとようやくプロレスらしくなってきました。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113551p:plain

矢野の横入り式エビ固め。

しかし、裕二郎が上手くレフェリーを巻き込んだためカウントが取れない。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113746p:plain

「レフェリー、しっかりしろ」と声をかける矢野の背後から急所攻撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211011113906p:plain

場外乱闘に。

裕二郎が矢野の腕に手錠をはめます。

プロレスに手錠と言うと、古いですが、両国国技館でのアントニオ猪木VSマサ斉藤のノーロープデスマッチを思い出してしまいます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011114058p:plain

両手をうしろでつなごうとしたところ、リングの下へ上手く逃げ込んだ矢野。

のぞき込み「出てこい!」と叫ぶ裕二郎。

裕二郎もリングの下へ。

レフェリーが(仕方なく)カウントを数え始めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011114257p:plain

ピーターさんも心配そう。

 

カウント17くらいで腕から手錠が無くなった矢野が出てきました。

すぐにリングイン

少し遅れて裕二郎も出てきましたが、なぜか両腕うしろ側に手錠をはめられた姿に。

カウントが進み、カウント20でリングに戻れず。

10分23秒、リングアウト矢野通の勝利。

f:id:SomewhereInBetween:20211011114630p:plain

まさにイリュージョン。

これで矢野通は4勝3敗=8点。

高橋裕二郎は2勝5敗=4点。

 

 

第5試合(セミファイナル) 30分1本勝負

G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦

鷹木信悟(4勝2敗=8点)VSタンガ・ロア(2勝4敗=4点)

f:id:SomewhereInBetween:20211011115442p:plain

”ザ。ドラゴン”、IWGP世界ヘビー級チャンピオンの鷹木信悟入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211011115544p:plain

この日も気合い十分。

すばらしいファイトに期待しております。

f:id:SomewhereInBetween:20211011115625p:plain

f:id:SomewhereInBetween:20211011115642p:plain

試合開始。

鷹木の胸板を張っていくロア。

しかし、こういうファイトスタイルはむしろ鷹木は大歓迎のはず。

f:id:SomewhereInBetween:20211011115757p:plain

鷹木をスリーパーホールドで締めあげるロア。

f:id:SomewhereInBetween:20211011115843p:plain

コーナーポストへ追いつめてパンチ。

f:id:SomewhereInBetween:20211011115913p:plain

かなり威力があったようで倒れ込む鷹木。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120003p:plain

鷹木の反撃。

コーナーポストに追いつめてラリアット

f:id:SomewhereInBetween:20211011120237p:plain

さらにブレーンバスター。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120309p:plain

ロアのハイキックが鷹木の後頭部に炸裂。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120411p:plain

コーナーポストに上り、アバランシュホールドを決めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120519p:plain

かなりの攻撃を喰らった鷹木。

左の肋骨の辺りを痛めたようです。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120633p:plain

しかし、このままでは終われないチャンピオン。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120725p:plain

雪崩式ブレーンバスターを決めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120752p:plain

打撃技の応酬。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120848p:plain

吠えるロア。

f:id:SomewhereInBetween:20211011120917p:plain

エルボー、ナックル、ヘッドバットと打撃技の連打。

f:id:SomewhereInBetween:20211011121034p:plain

最後は鷹木信悟必殺技、”ラスト・オブ・ザ・ドラゴン”。

19分08秒、鷹木信悟の勝利!

f:id:SomewhereInBetween:20211011121211p:plain

かなり打ち合いの試合になりました。

痛めた肋骨の辺りが辛そうでした。

f:id:SomewhereInBetween:20211011121253p:plain

自力で歩けないかな・・・と思ったのですが、しばらくしてベルトを手に花道を引き下がっていった鷹木信悟

辛そうでしたが、大事には至らなかったようで良かったです。

これで鷹木信悟は5勝2敗=10点、タンガ・ロアは2勝5敗=4点。

 

 

第6試合(メインイベント) 30分1本勝負

G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦

飯伏幸太(5勝2敗=10点)VSグレート-O-カーン(4勝3敗=8点)

f:id:SomewhereInBetween:20211011122316p:plain

Dominator、グレート-O-カーン入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122421p:plain

続いて飯伏幸太入場。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122447p:plain

試合開始。

しばらく両者にらみ合い。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122524p:plain

飯伏をロープに追いつめるO-カーン。

ここは、きれいにブレイク。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122611p:plain

本当に静かな立ち上がり。

お互い手の内の探り合いのように見えました。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122659p:plain

グラウンドの攻防で少し試合が動いてきました。

O-カーンの攻撃。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122840p:plain

さらにアキレス腱固めに。

苦痛の表情の飯伏。

f:id:SomewhereInBetween:20211011122950p:plain

飯伏も反撃。

足4の字固め。

勝利を確信したのかVサイン。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123048p:plain

しかし、O-カーンもこらえます。

両者の意地の激突。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123141p:plain

立ち上がった飯伏にO-カーンの強烈なカウンターのパンチ。

プロレスはパンチ攻撃は反則なのですが、あまりにドンピシャなタイミングで入ったので、場内どよめきました。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123316p:plain

たまらずダウンの飯伏。

反則攻撃なので、レフェリーはカウントは取りません。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123405p:plain

逆にこれが飯伏の闘志に火をつけてしまったか?

場外乱闘後、背後を取る飯伏。

場外乱闘でO-カーンは鼻血を。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123609p:plain

勝負に出た飯伏。

必殺技・カミゴェを狙います。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123646p:plain

飯伏のカミゴェが炸裂・・・と思ったら、なんとO-カーンが膝をアイアンクローで受け止めます。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123748p:plain

これにはふたたび場内どよめきました。

しかし、ここから次の技にいけなかったO-カーン。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123850p:plain

最後は飯伏のカミゴェがクリーンヒット。

f:id:SomewhereInBetween:20211011123933p:plain

さすがにこれはもう返せなかった。

カウント3。

f:id:SomewhereInBetween:20211011124022p:plain

20分22秒、飯伏幸太の勝利です。

f:id:SomewhereInBetween:20211011124104p:plain

これで飯伏幸太は6勝2敗=12点。グレート-O-カーンは4勝4敗=8点。

 

試合後、飯伏がマイクを取り、「絶対に裏切らない!」と絶叫。

場内から大きな拍手が。

 

 

後半3試合を紹介いたしました。

 

第4試合は楽しい試合でした。

これをプロレスリングと呼んでいいものか?という気持ちもありましたが、そんなことはお構いなしに繰り広げられる矢野と裕二郎の反則攻撃は観ていて気分の悪くなるものではありませんでした。

「なんでもあり」というのもプロレスの醍醐味。

そんな試合でした。

 

セミファイナルは初出場とは思えないロアの奮闘に驚きました。

チャンピオンの鷹木信悟を追いつめるところまではいけなかったにせよ、ダメージを与えたところは評価したいです。

 

メインイベントは逆にレスリングとしての面白さと打撃技、関節技の凄さを見せつける試合だったと思います。

O-カーンは格闘技からレスラーになったので、プロレス技のレパートリーの少なさが命取りになってしまったように思いました。

飯伏は初戦、同じエディオンアリーナ大阪で裕二郎に負け、どうなることか?と心配したのですが、今はエンジン全開ですね。

 

この日、バレットクラブの選手の試合、3試合観ました。

KENTA、高橋裕二郎タンガ・ロア

反則攻撃はありましたが、それほど悪質では無く、KENTAはセコンド無し、ロアには邪道がセコンドについておりましたが、試合に介入することは一切ありませんでした。

それに比べBブロックで上位にいるEVILこと渡辺さん。

あんた、何やってんの?

毎回、毎回同じ東郷乱入からの急所攻撃での勝利。

挙げ句の果てには女性にまで手を上げる始末。

矢野と裕二郎の反則攻撃は観ていて楽しい気分になりましたが、渡辺さんの試合は毎回不快になります。

新日本プロレスG1 CLIMAXを汚さないためにも、Bブロックはほかの選手が決勝に勝ち進んできてもらいたいですね。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。