One today is worth two tomorrow.

当ブログへ起しいただき、心から感謝いたします。映画の感想やスポーツ観戦の記事、写真中心のブログです。

2022年 日本生命セ・パ交流戦 オリックス・バファローズVS中日 第1回戦

5月27日(金)、2022年 日本生命セ・パ交流戦 オリックス・バファローズVS中日ドラゴンズ 第1回戦(京セラドーム大阪)を観戦してきました。

 

・・・実のところ、3月にオープン戦を観戦に行って、その後体調を崩してしまいました。

気力・体力ともに無い状態で、大阪市まで行く元気が無く、チケット買ってあったのですが、京セラドーム大阪まで行けませんでした。

少し体調が回復してきましたので、この日、頑張って行ってまいりました。

 

今シーズン最初の観戦(オープン戦は除く)がもう交流戦になってしまいました。

両チームのスターティングラインアップ。

セ・リーグはあまり分からないので中日の選手はほとんど知りません。

バファローズは・・・き、厳しいメンバーですね。

 

今シーズンもオリックス・バファローズ球団公式ダンス&ヴォーカルユニット”BsGirls”(ビーズガールズ。略称BsG)、背番号360番・REINAさんを追いかけて行きたいと思っております。

しかし、この日はほとんど外野寄りの席。(年間チケット回数券買ったのですが、交流戦は使わせないというバファローズのセコさ。回数券で無く現金購入なので、あまりいい席は買えませんでした・・・)

 

おしゃれなユニフォームのマスコット、背番号222番・バファローベルちゃん。

この3連戦は毎年行われている”Bsオリ姫デー”として開催されます。

・・・しかし、毎年、あまり勝率良く無いんですよね。

 

大阪で活躍されているシンガーソングライターの谷村咲月さんの国家独唱。

国旗見ていなければいけないのですが、思わず谷村さんを観てしまいました。

 

ベンチから守備へつく選手をお見送りするREINAさん。

う~ん、やはりこちらを向いてくれない。

ネットが邪魔。

こちらも厳しい写真になってしまいました。

 

バファローズ、先発は田嶋。

相手投手は記憶違いで無ければ中日のエースだと思うので、できるだけ最小失点で抑えてもらいたい。

 

4回表、中日の攻撃。

1アウト一塁からビシエドにツーランホームラン。

0-2と先制を許してしまいます。

 

5回裏攻撃終了時の今年からスポンサーが高須クリニックからコナミに変わったBsGirlsの”ハリセンたいむ”(Yesが消えました)。

こちらの方ですが、ごめんなさい、どなたか分かりませんでした。

(背番号370番のMAHOさんだと思うのですが、間違っていたら申し訳ありません)

 

6回表、中日の攻撃。

1アウト二塁から三ツ俣にタイムリーツーベースヒット。

0-3に。

続く阿部にもタイムリーをあび、0-4に。

ここで田嶋交代です。

バファローズ、2番手に比嘉。

1安打打たれますが、後続を打ち取り追加点は許さず。

 

田嶋は5 1/3を投げ、投球数99、被安打7、被本塁打1、奪三振4、与四死球2、失点・自責点4という内容でした。

 

比嘉は2/3を投げ、投球数10、被安打1、被本塁打0、奪三振0、与四死球0、失点・自責点0という内容でした。

 

7回表、バファローズ、3番手に背番号28番・富山凌雅。

スコアボード見て防御率が10点台だったのビックリしました。

 

1イニングを投げ、投球数17、被安打2、被本塁打0、奪三振2、与四死球0、失点・自責点0という内容でした。

 

7回裏、バファローズ、ラッキーセブンの攻撃前のBsGirlsによる”AEON 「SKY」”(こちらはスポンサー変更無し)。

REINAさんですが、やっぱり厳しい写真になってしまいました。

遠い、被写体が動いている、ネットが邪魔。

これが限界でした。

 

BsGirlsの熱唱でスタンド、多少盛り上がったのですが、バファローズ、あっさり三者凡退。

 

8回表、バファローズ、4番手に背番号98番・張 奕(ちょう・やく)。

イニングまたぎで2イニングを投げました。

投球数18、被安打3、被本塁打0、奪三振0、与四死球0、失点・自責点0という内容でした。

 

9回裏、マウンドに大野。

投球数は110球を超えていたのですが、完封を意識しての登板のようです。

ピッチャーでキャプテンというのは珍しいですね。

ちなみにバファローズはキャプテン制度を設けておりません。

 

先頭バッターの背番号41番・佐野皓大がツーベースヒットで出塁。

 

しかし、続く背番号67番・中川圭太、ラオウこと杉本倒れ2アウト。

バッターは先日加入した背番号14番・ジョー・マッカーシー

このバッターで終わりだろうと思っていたら・・・

見事(?)タイムリーヒット打っちゃいました。

大野、残念ながら完封ならず。

続く背番号23番・伏見寅威がセンターフライで万事休す。

バファローズ、1-4で負けてしまいました。(涙)

 

REINAさん(左)にここまで深々と頭下げさせて、バファローズナインよ、恥ずかしくないのか!

これっ、先日Twitterで問題になったんですよね。

12球団で負けたらチア(BsGirlsはチアとは少し違いますが)に頭下げさせているのはバファローズだけなので。

REINAさん、次は勝利の「SKY」聴かせてください!

 

やはりオリ姫デーは勝てないバファローズ

 

ケガ人、コロナなどで万全で無いとは言え、あまりに打てないバファローズ

昨年のホームラン王、杉本はドン底のスランプ。

ホームランが出ない打線で3割バッターがゼロというのはきつい。

この日も1番、背番号1番・福田周平、2番、背番号6番・宗佑磨、そして杉本とノーヒット。

この3人が一度も出塁しないで点を取るのは難しいです。

完封負けしなかったのが精一杯でした。

ただ、ルーキーの野口が3打数2安打と明るい材料もありました。

 

今日はエースの背番号18番・山本由伸。

何とか先制点取りたいところですね。

 

頑張れ、バファローズ